LOVE AND SEX  method of Chinese traditional  

  

 

中国房中術で性の悩みを解決  

 トップ
房中術とは
 女性の体験   者のはなし

CDとDVD

 第一部
    男性強化法

  第二部
   
性の満足

 DVD 
 男女マッサージ
 ご注文の
        ご案内

男性の体験談

 ソウル留学
 同棲
 上海生活
  実践房中術
 談話室

リンク

女性の房中術
 マッサージ

 中国語版VCD       性愛按法摩法

 

 男性強化法 

 

ここでは導入部のみを読むことができます。


 

男女双修功との出会い

 

男女双修功は中国気功の幹から出た一つの枝である。長い間秘伝とされ世に出ることはなかった。筆者は中国に留学中に師にめぐりあい伝授を受けた。その後20年の実践の中で男女双修功のパワーを実証することができた。この書はその経験を余すことなく伝えるものである。道家の内丹術、房中術とも言われているこの方法は現代にも立派に通用することがわかってきた。

読者のみなさんはこの方法を実践したならばまた後世に伝えることができるだろう。そのようにして弟子から弟子へと数千年にわたって伝えられてきたものなのだから。

 

師との出会いは1993年だった。小周天を教えてくれる先生を探していたところ留学先の病院に勤務していた師を紹介された。40歳になるまで一度も射精をしたことがないという。エネルギーッシュで少年のように見える。道家気功の継承者で童子功を子供のころから練功してきたという。

 

まずは直伝の小周天百日築気の方法と理論を紹介しよう。

師の話をもとに資料を交えて書いてあります。本書は内容に重複が見られますが、一つの事柄にいろいろな解釈があり、大事な事柄なので注意深く読むようにしてください。

 

道家気功の初歩

 

気、気功とはなにか

 

気は、生命の源であり、エネルギーの一種。

本書では気のことをエネルギーと言ったり気のエネルギーと言ったりしますが、気にもいろいろな種類があるので、それを伝えるために書き分けています。

気功は中国に古くから伝わる、心身を鍛える健康法の一種で、姿勢、意識、呼吸を同時に訓練することで気の力を高め、気の流れを調整し、生命力を強める方法です。体を動かしながら行う動功、体は動かさず気を巡らせる静功があります。

日本では弥生時代にあたるころ、すでに中国では民間で気功が行われてた記録があります。

 

気功という名前がうまれたのは1950年代です。それまで内功、導引、布気、吐納、修道、座禅、忘座、練丹、行気などと呼ばれていたものを総称して気功と呼ばれるようになったのです。

中国では戦中戦後の厳しい時代に気功のよさが見直され、1950年代には盛んに研究されました。その後文化大革命の時代には徹底的に迫害され、消えたかに見えたのですが、1980年頃には復活し、おおいに流行するわけです。郭林という女性が自分自身のガンを気功で克服し、迫害下で公園に出てその気功を教えたのをはじめ地道な活動などが続けられていたのです。

太極拳は気功の動功と共通性がありますが、武術として発展したものです。

気功は中国医学の一つでもあります。古代中国で西部では、漢方薬の処方、東部では石をとがらせた先端を使い、南部では針、北部では灸、按摩、中部では気功が盛んに行われたのですが、それらが組みあわさって医学として発展しました。ですから、今でも、中薬針灸、按摩、気功を組み合わせて治療します。その基本的な理論には陰陽五行、五臓六腑の理論、つぼともいわれる穴位経絡、体液、病気の原因などの理論があります。

 

これまで個人の私生活はプライバシーであり、性生活に関して最近まで完全にタブー視されていた。性の開放が叫ばれる今日、性は商品化され消費の面ばかり強調され、性エネルギーを蓄える方向には進まず、かえって本来の性の探求からは遠のいてしまっている。性はうすっぺらなファッションとして、軽んじられている。
 中国の宮廷社会では女性の性能力は尊重されてきた。道家に伝わる話しの中に、女性が性愛の奥義を掌握したために、成功して不朽の名声を博したという話しがでてくる。彼女は当時の皇帝に認められ性愛の指導者となった。また、歴史に残っている事例では、西暦690年に、唐の高宗が死んだ後に女皇になった宮廷の才女である武則天が、性愛の技術に長けていたため尊敬され、そのため在位10年の間、よく国を治めたと記されている。

性愛の秘密

 中国の歴史のなかで、今日まで全く世にでることがなかったものがある。性交時に射精を抑制する方法である。宮廷に仕える道教の聖人が考案し、皇帝と権力者だけに密かに伝えられ採用されてきたために、一般には伝わることがなかった。初め、この道理を知らなかった君主達は、皇后と宮女たちへの香しき愛のサービスにあけくれ、極めて短命だった。性エネルギー増強と健康の維持に有効な「性功夫」は彼等を不幸のどん底から助けあげた。そして代々、選ばれた一人の男子にだけに伝えられ、タブーとして隠され続けていったのである。
 射精をしないと言っても、せっかくの性欲の高まりを途中で抑えてしまうのではなく、一種独特な次元の高い性の高まりへ導き、高潮(エクスタシー)が性交中に絶え間なく続くというものである。  同時に体は震え、底知れぬ喜びを感じる。この時の性愛の快楽は、一般の生理上の歓楽とは全く違って強力で、精神上の覚醒をもたらす。
 続けていくと次第に精力が満ちてくる。性欲はますます高まり、以前に増して性愛の回数が多くなる。性の満足を感じる度に、性エネルギーが蓄えられて、生殖器官から湧いて流れるエネルギーの流れを意識できるようになる。その流れは生殖器の中心から心臓へ、そして、頭部に至り、大脳と身体全体に生命力が充満する。
 男女の肉体が発電機の働きをして、電気的なエネルギーを作り出すようになり、幸福の瞑想の内に、異性との間に陰と陽とのエネルギーの循環と交換が成立する。
 蓄えられた精子は性交中に振動して電気的エネルギーを生産し、それを体内に循環させることによって、生命力が飛躍的に高まる。刺激されることで分泌されるホルモンの作用で身体に多大の良性効果をもたらし、ついには生命力自体の激烈な変化を起こさせるのである。  
      

 

 DVD 男女で行うマッサージ 

中国古代から伝わる性感を高める方法

    内容紹介

 

関連のリンク集

中国気功への理解を深めるために 

 

内養功 中国気功の原型 坐骨神経痛の顛末 闘病体験 1
少林内勁一指禅気功の案内 闘病体験 2 玉川温泉療養日記
放鬆功 リラックス呼吸法 南風の気功問答  気功紹介
   
 

 

 


 

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO