LOVE AND SEX  method of Chinese traditional  

  

 

中国房中術で性の悩みを解決  

 トップ
房中術とは
 女性の体験   者のはなし

CDとDVD

 第一部
    男性強化法

  第二部
   
性の満足

 DVD 
 男女マッサージ
 ご注文の
        ご案内

男性の体験談

 ソウル留学
 同棲
 上海生活
  実践房中術
 談話室

リンク

女性の房中術
 マッサージ

 中国語版VCD       性愛按法摩法

 

 

 

 美叔を追って前田が珍島に入ったのはうららかな春の日だった。前田を乗せたバスは海にかかる大きなつり橋をわたって島の中央に位置する浦谷部落に着いた。バス停に出迎えてくれた美叔と再会を果たし、市場で果物を買った。 
 美叔は下宿屋の一部屋を借りていた。 
 ブドウをおいしそうに食べると美叔は教育調査に出て行った。前田は何気なく部屋の窓から東の家の庭を見ていた。するとその家の奥さんらしい人が庭に出てきて、真ん中にロープがはられ真っ赤なパンティが一枚だけ干された。何か意味があるのだろうか。妊娠のおまじないか、はたまた夫へのサインか、映画「幸せの黄色いハンカチ」では刑務所帰りの男を今でも待っているというさいんだったことなどを思い出していた。前田はその奥さんがパンティの持ち主であろうと想像して再び奥さんの出てくるのを期待しながらながめていた。 
 なぜか、ほんのりと欲情をもよおしながら。 
 美叔が夕方戻ってくると、下宿のおばさんが作った夕食を食べることになった。やはり辛いものが多い田舎の料理だった。前田は辛くないものを選んで食べた。ところが何が悪かったのか、いきなり下痢になった。 
 二人でシャワーを浴びた。シャワーと言っても、温いお湯がちょろっと出るだけだったが、下痢でひえきった前田をいたわって美叔はシャワー室に前田と一緒に入った。 
 美叔は小柄で太り気味で、特にふとももは病的に太いと悩んでいた。前田はそのころ太った女性の感触にちょっぴりあこがれていたので、美叔を好きというわけではなかったが胸がときめいた。 
 まだ肌寒い季節である。布団に入ると自然に抱き合った。美叔は30歳になろうという歳だった。つきあった男と何度かセックスの経験はあったが、それ以来自分からセックスをしたいとは思わなかった。前田は下痢で冷えた体が美叔の体のほてりで暖められるにしたがって、ある決意がわきあがってきた。 
「この暖かさはなんだ。気持ちいい、このまま抱き合っていたい。よし、こうなった以上美叔をとことん愛そう。真剣に愛してやろう。」美叔の研究熱心な態度は尊敬していたのだが、いきなり愛してしまおうというのである。 
 前田は美叔を布団の中で乳房を愛撫しはじめた。次第に息が荒くなるのが伝わってくる。いつのまにか抱きついてきた。それでも前田は慎重であった。しっかりと抱き合ったまま、朝を迎えた。 
 朝のまどろみの中でついに勃起したものを美叔のふくよかな股の間にあてがった。あっけないほどすっと入ってしまった。前田は夕方より朝の方がはるかに硬くなるのである。 
 こうなってくると二人ははなれがたい気持ちがでてきた。 
 浦谷小学校へ調査に行く美叔について前田もカメラ撮影ということで同行した。職員室へ入ると校長は「私は校長先生です。」と片言の日本語を話した。 
「国民学校で日本語を習いました。みんな忘れましたよ。」 
「こんな田舎まで日本人が来ていたんですか。」前田が聞いた。 
「このあたりは当時は日本人ばかりでしたよ。入植してきたんです。」 
 韓国語は方言が強くてほとんど聞き取れなかったが、かつて日本人がこんなところまで入植してきたことに驚いた。昼食はそうめんを豆乳のような色の大豆の汁で食べるコンククスだった。放課後には旧正月に行うゲームをみんなで一緒にやった。最後まで何をどうしているのかわからなかったが、地面に線をひいて木製の駒を動かしていくすごろくのようなものだった。 
 教頭先生は夕飯に招待してくれた。真っ暗な農道をたどっていくと、農家の間に家があった。やけに薄暗い電灯の下で奥さんの手料理を下痢を恐れて少しだけ箸をつけた。教頭先生は自室に前田を招いて骨董のコレクションを広げはじめた。 
「これは有名な人のものです。」ぼたんのような花が韓国紙に描かれてあった。 
「古いもの」ですか。 
「100年くらいのものです。」電灯のほの暗い中で、決して高価には見えなかった。 
教頭先生は無表情で5.6点を並べて「こういうものを日本で売りたいと考えているんですがどうですか。」と前田に意見を求めた。 
 風景の絵や掛け軸などを前田に見せて、買ってほしいそぶりも見せた。これを見せたかったのかと前田は納得した。 
 下宿に戻ると、美叔とシャワーに入り抱き合った。すぐセックスをしたが前田は射精せず、エクスタシーまではいかなかったが、長い時間挿入を繰り返した。美叔は次第に感じるようになっていくようだった。 
 朝トイレに行くと外は雨だった。廊下の床がいたんでいるので、カーペットをまくってみるとだいぶ腐っていた。ここは島なので湿気が多いらしい。美叔は教育調査にでかけ前田は部屋で休むことにした。 
 昼に美叔が様子を見に帰って来た。二人は昼寝にかこつけて抱き合った。 
 午後雨があがった。散歩にでかけた。水たまりを避けながら細い路地を散策した。とある商店の入口に白い毛をふさふささせた子犬が3匹つながれていた。珍島は犬で有名だときいていた。なるほどこれが珍島犬かと商店の老婆に確かめるとやはりそうだった。前田は得したような気分になった。 
 下宿の西側にはブロック工場があり、昼間はがたがたとベルトコンベアーを回してコンクリートを型に流し込んでいる。韓国ではほとんどの家がコンクリートブロックで作られている。以前5階建のアパートの建築現場をのぞいてみて鉄筋が少ないのに驚いたことがあった。地震がきたらひとたまりもないだろう。日本では鉄で作られる階段もコンクリートを固めてつくっている。 
 そのブロック工場の裏手に空き地がつながっている。ふと気がつくとそ空き地に杭が立てられ、何かがぶら下げられていた。目をこらしてみるとそれはどうやら犬らしかった。そのうちに男がやってきて血がぬけた犬の体の毛をむしりはじめた。前田は犬が解体されていく一部始終を見ていた。 
 次の日は美叔が休みだった。食事以外は一日中抱き合って、射精しないセックスを楽しんだ。美叔も相当感じるようになり、前田も射精直前の快感を強く感じるようになっていった。 
 前田はソウルで手に入れた房中術の本を持っていた。韓国語を勉強するにはこういう本が一番なのだ。 
「女性は性の満足を与えてくれる男性のいうがままになるものだ。なんでも言うことを聞くようになる。」 
 前田が一節を読み上げると美叔はほほえんで同意した。 
「私達は宮合があっているのよ。」宮合(クンハム)というのは性の上での相性のことである。 
「前世からの約束もあるにちがいないわ。」美叔は小さい目を更に細めて笑った。前田は好みではない美叔の顔を間近に見て、ああ、これが好みの顔だったらもっともっと幸せだったろうにとそっと溜息をついた。 
 その一方で前田は日本と韓国の間に横たわる玄界灘と同様の深く荒い帯を意識し始めていた。かつて海を渡った両国の男女が運命的に出会って結ばれていった。それは戦争という悲劇を舞台に、様々な営みがくりひろげられていった。そして今再び、前田と美叔の体がその深い溝に橋をかけて出会っているのである。 
 実は前田はこの本にある指を使って射精を止めて、精力を温存する方法を覚えて美叔とのセックスに応用していたのである。 
 かつてはペニスの中程を強く押さえたりしていたが、うまくはいかなかった。射精をしないで挿入を繰り返すと、長時間にわたって性交が持続することは気がついていた。その本によれば、ある特定の場所を強く指先で圧迫することによって、射精をとめることができ長い間それを続けてきたが、副作用もなく、妊娠もしなかった。とあった。(具体的練習方法はこのホームページで紹介している本にも書かれています。) 
 初めは違和感があって、あまりいい感じではなかったが、次第に深い快感を感じられるようになっていった。 

 二人は快感が深まるにつれセックスの持続時間も長くなってきた。前田の帰国が迫ってくるころには、一日10時間に及ぶこともあり、外に出ると太陽がかすんで見えた。そんな時、急に尿道あたりが痛くなってきた。しばらくは我慢していたが美叔に言った。美叔はすぐさま泌尿器科に連れていった。 
 若い医者は、性交によって起こるハネムーン病だと説明し、看護婦がお尻に注射をしクスリを処方した。おかげで半日もしたらおさまってきた。 
 夕方やけに生臭く、髪の毛の焦げるような臭いが鼻をついた。下宿の窓から南側に一面に広がる田んぼの真ん中に川が流れている。どうやらその臭いはその川のあたりから漂ってくるらしい。夕闇の中で煙がいく筋かあがっていた。前田はそれが何なのか確かめようと、あぜ道を進んで行った。成長した雑草が波をうって足下に続いていた。オレンジ色の空に秋の夕暮れのようなうらさびしがただよっている。突然焼け焦げ、くすぶっている肉のかたまりのようなものが見えた。まだちょろちょろとでている炎で見えるそれは、牛か豚の内臓か皮膚のようでもあり、未知の動物の死骸にも見えた。前田は暮れゆく景色の中でひとしきりぼおっと立ち尽くしていた。子どものころ見た田舎の景色とだぶっていった。 
 数日後前田が帰国し、美叔は調査を終え孫季明の待つ漆谷に戻っていった。 

 前田が漆谷を訪ねると、迎えに出た美叔の態度が変だった。 
「気をつけて、孫季明と私は結婚したのよ。」前田はもともと美叔は好みの女性ではないので、そんなものかと思った。 
 前田が美叔に贈った銀の指輪を婚約指輪にしたという。孫季明は幸せそうだった。ちょっとショックである。前田は策を講じてソウルから英子を呼んだ。英子にギターの弾き語りを聴かせ、英子が小川で行水をするとき前田は間髪を入れずに裸になり一緒に入った。夜は一晩中抱き合っていた。朝、英子と一緒に旅に出ようとしていた前田に、孫季明は行かないでくれと頼んだ。美叔が前田も愛しているので、3人で暮らしたいと泣いているというのだ。美叔は英子がタバコは吸うし、いけすけないから、ほかの女性を紹介するという。そうこうするうち英子は一人旅立って行った。  
 それからは大変だった。孫季明と前田が交代に美叔の部屋に入り抱き合い、シャワーも美叔は2人につきあって2回浴びた。ついには孫季明がセックスの仕方がわからないので前田と美叔がセックスをしているところを見せて欲しいと言うのである。どこに挿入したらいいのかわからないからと、セックスをしているところを孫季明に強引に見られるのだがそうなるとばかばかしくなってしまうのだ。 
 前田は英子を一人で旅立たせたことを悔やんだ。英子と会うチャンスは訪れなかった。 
 美叔が紹介してくれた女性とも縁なく、前田は美叔のもとから離れた。 

清美の日本留学


 清美は高宮が保証人となり、日本に留学することになった。 
 新宿の日本語学校に席を置き、中央線沿いのアパートを借りた。ブレイクワンという三鷹駅前のスナックのホステスのアルバイトをはじめた。 
 ママは細目の和服の似合う女性だった。建築会社の真田社長というお相手がいて毎日顔を見せていた。どうやらスポンサーになっているらしい。先輩のホステスが二人いた。一人は静枝という50代でママよりも顔がきくような豪快な性格の女性だった。 
 清美はママからあやちゃんという名をつけてもらった。 
 勤めて間もない頃だった。植木屋で独身の菅沼慎吾が店に来た。あやちゃんは買ったばかりの水色のスーツに赤のスカーフという出で立ちでカウンターに座っていた。ママはさっき来たばかりの真田社長と社長のとった寿司をつまんでいた。静枝は菅沼とひそかにつきあっていたが常連のカラオケ好きな田中さんとデュエットの真っ最中だった。 
 菅沼は目があった真田社長と会釈をかわし、不慣れな調子で応対したあやちゃんとボックス席についた。ママは寿司を別皿にとって、菅沼の席に出し、 
「あやちゃんは日本語がまだまだなんですけど、よろしくね。」とあやちゃんを紹介した。 
「ふーん、日本語学校で勉強中なんだ。暇なときに日本語教えてあげるよ。」菅沼は口ひげをなでながら言った。 
 韓国では若い人が髭をはやすのはよく思われていない。あやちゃんは菅沼の口ひげを見てあまり好意は持てなかった。真田社長は不慣れなあやちゃんの様子を見て、助け船を出してきた。 
「日本語だけじゃなくて、教えてやってくださいよ。いろいろと。」 
「あっちの方もね。」静枝が甲高い声で笑いながら口をはさんだ。 
「静枝さんあんたも、満たされてないんじゃない。油がのってきたところだっていうのに独り者じゃねえ。」 
 あやちゃんは会話についていけず、黙ってしまった。 
「楽しめるときに楽しまなきゃね。四十しまくりってよくいうじゃない。ね、静枝さん。あんたの場合、今だよ。今が一番あれが楽しい時なんだから。」 
「静枝さんの場合、33のさねころばしだよね。」菅沼がちゃちゃをいれた。女も33歳にもなればセックスの喜びがわかるようになるという意味である。遠野出身の菅沼は子どもの頃から艶話を聴かされていた。 
「ちょっとうちの売れっ子に変ないれ智恵しないことよ。」ママがさえぎった。 
「あやちゃん、お話の相手はできなくてもいいから、おこおりおねがいね。」ママが氷のとけかかったグラスを指さして言った。「それからおしぼりは使ったら替えておいてね。」ますますあやちゃんは緊張してしまった。 
 いつのまにかお客さんも一段落して、夜もふけてきた。 
「今日はあやちゃん先に上がっていいわよ。明日は30分早く来てね。お掃除頼みたいから。」ママの声が響いた。 
「同じ時給もらっているかと思うと頭にくるわ。」帰り際に静枝があやちゃんの耳元でささやいた。 
 外へ出るとあやちゃんの小さい目から涙があふれた。駅がどっちだかわからないほど、視界がぼやけた。やっと街頭の明かりで世界を見たとき、口ひげの男が目に入った。菅沼だった。 
「あやちゃん、よかったらラーメンでも食べてがない。おいしいとこあるんだよ。」 あやちゃんは立ち止まってしばらく考えていたが、 
「じゃ、ラーメン食べるだけなら。」 
 二人は菅沼の行き付けのラーメン屋へ入った。 
「初めて店に出たとき、韓国人とわかったらいきなりいくらってきかれたんです。後でその意味がわかって。」あやちゃんはやさしく接して来る菅沼に次第に気を許していった。 
  
 あやちゃんは一度性体験はあったが淡泊であった。 
 菅沼は造園業を自営しているが、30過ぎても結婚相手に恵まれなかった。 
 数年前静枝と知り合った菅沼は性体験の豊富な静枝にほれこんでしまった。浮気性の静枝がだんだん離れていってしまうので、最近は不満を感じていたのだ。 
 菅沼はそれまで、セックスをしても心から感じると言うことはほとんどなかった。自慰行為での快感と同じレベルの射精による快感だけだったような気がする。ところが、静枝のテクニックに完全に魅了されてしまうのだった。 
 静枝はセックスを大切にする女だった。好きになったらとことん好きになり、完璧なほどつくすというタイプである。ブレイクワンで静枝を見た菅沼は一目で気に入ってはいたが、他の男性と同棲中と知って、積極的にはならなかった。ところが、その男性とうまくいかなくなった時に相談されて、急に火がついた。 
 ホテルで下着姿になった静枝は菅沼の爪を切ったり、耳かきをつかったり、かゆいところに手が届く心遣いだった。下着姿で歩き回る静枝の豊満な体を見ている内にむらむらと欲情がわいてきた。その後、一緒に風呂に入り隅々まで洗ってくれるのである。 
 静枝は菅沼の手を自分の性器に導き人差し指と中指でクリトリスをそっとはさむようにさする愛撫の仕方や、なめながら舌を回転させる乳首の刺激法を教えた。そして高まってくると、同時にいけるように感覚を一致させて、いった後は快感の余韻で放心状態になり、たいがいはそのまま二人が寝てしまうのであった。 
 全身が快感で満たされるまさにエクスタシーそのものをセックスの度に感じさせてくれたのである。体位も豊富で女性上位の動きも激しいがやさしく、バラエティに富むものだった。キスは丹念に行い、性交中にキスをしたまま口で呼吸をするといやが上にも快感が高まってくるのである。 
 菅沼はあやちゃんにそのテクニックを試してみたい欲望にかられた。 
 菅沼は毎日のようにあやちゃんをラーメンに誘い、夏休み前には二人で東北を旅しようという話しまでするようになっていた。 
 遠野は柳田国男が民族学の基礎を築いた民話の故郷である。あやちゃんは菅沼の絶妙な案内で、冬山をまぼろしの金の鹿を追うまたぎや、馬を愛した乙女になって山野をかけめぐった。 
 ホテルで菅沼と二人きりになり、キスをかわすと、菅沼の口ひげもなかなかセクシーに感じるのであった。菅沼は何でもあやちゃんと分け合って飲み、食べた。二人が同じ物を口にしたために全く口臭は感じなかった。これも静枝から学んだキスのテクニックの一つだった。 
 バスタブにお湯を満たすと、菅沼は恥ずかしがるあやちゃんにバスタオルをまいて風呂に誘った。そっと洗ってやり、ふいてやって、ベッドに入った。 
 はやる心を押さえてまずは全身をやさしくなでていった。あやちゃんは次第にうっとりとした様子になってくる。頃合を見計らって右手で乳首に軽くふれ、丘の盛り上がりを左手で手のひらで包み込むようにした。ゆったりとした時間の中で、暖かいものが手を伝い体を移動していく。 
 あやちゃんが菅沼に体をすりよせてきた、そこで、菅沼は局部に指を触れ、濡れているのを確認すると、愛液を指先につけ、クリトリスに軽くふれるようにしながらまわりを愛撫し始めた。あやちゃんが軽くいく感じが伝わってくると、正常位で挿入をし、ゆっくりとした動きで腰を上下させた。なじんだところで、松葉くづしの体位になり、指でクリトリスを愛撫しながら腰を動かしていくうち、あやちゃんの呼吸が早くなり、うめき声が発せられた。菅沼は同時にいけるように呼吸を合わせていった。 
 このようにして初めての合体は成功裏におわったのであるが、実はラーメン屋通いの間に、菅沼の車の中で、服を着たままのシュミレーションは十分に行われていたのであった


 

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO